ダーリアンダイアリー

わたくしダーリアンの感じたことを、文字や写真、絵などで表現していきます。

8/1 @散歩

 

 

ミズキの実の上の方が 赤くなり始めた。

 

相変わらずに、川の横は涼しくて気持ちのいい匂いがする。風邪と音と匂いに包まれる。

 

ヨモギも僕の背丈よりはるかに高くなってきた。

 

今日の風と日光は、寝起きで少し火照った僕にはとてもちょうどいい感じだ。

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170801095849j:image

 

赤とんぼの赤。太陽の光を背中から浴びて、濃く、どこか"透明感という言葉の響き(いわゆる透明感は無いがピュアな感じ?振動とか響き)"を感じさせる。

 

写真にしてしまうと、陳腐になる気がするし、言葉にしても、そうなるときがある。要は納得できるかどうかだ

ここは、もっと努力したいところ。

 

 

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170801095947j:image

田んぼに若い栗の実が沈んでいた

 

 

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170801101624j:image

水滴を捕まえた蜘蛛
蜘蛛の巣に捕まった水滴

 

 

ウツギの実は、赤くなるやつは赤くなり、膨らむやつは膨らんで、枯れて行くやつは枯れていった


まだオタマジャクシが泳いでいて、どこか安心する自分がいた。

 

いろんな色、形、拡がり方を持つヨモギがいる。赤やオレンジに紅葉したもの、葉を一枚ずつつけるもの、四股になって伸びていくもの、青みを帯びた、強そうなもの。

いろんなやつが、いるんだ。

 

 

僕は「しゃがみ込んで初めて見える世界」が好きだ。

 

歩いてちゃいけない、そう思って、そう身体が反応したみたいに僕はしゃがんだ。頭で考えるより、身体が先に反応した。

 

しゃがみこむことで、同じ目線になれて、いろんなものと出会っていく。

 

君はフキだ!まだ土から顔を出したばかりのフキを見て、心の中で発見した喜びとともに叫んでしまった。けれど、彼のこれからの未来、可能性を決めつけ、提示?思ってしまうことに、何か違和感を覚えた。

僕も、嫌だからだろう。君は未来の科学者だ!とかなんだとか、もっとわからないものに満ちていてほしいと、そう思っているからだろうか。
だから、僕は言い直す。
君はきれいだ 。

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170801101719j:image


こうなってしまったら、もう、ね、なんていうか、そういう世界に入ってしまう。
目に入る全てが、愛おしくって。もちろん僕も同じくらいに。僕はそれを浴びるだけの、人になってしまうみたいだ。


セリの茎の模様が好きだ。茎が三又になって、その養分とか水とかが流れ渡る、その拡がりが好きだ。それを僕はうまく言葉にできない。だけど、たとえそういう時の言葉があったとしても使いたく無い。そういう感じの好きだ。

 f:id:yama_darlian_akihiro47:20170801101727j:image

 

すごく葉っぱはかっこいいのに、なんて美しい花を咲かすのだろうか。そういうギャップとかに、弱いかもしれない。
なんて甘い色をしているのか。

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170801101807j:image

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170801101813j:image


なんてちょうど良い葉っぱ、それから花、茎、芽、色、かたち、模様、揺れ方光の受け取り方をしているのか。
なんで、ちょうど良いと、感じてしまうのか。

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170801101852j:image


深い、人間のシワと同等の深みを持つ。
全く生き方や時間は違うけど、深みは同じようなものを持っていた。

 f:id:yama_darlian_akihiro47:20170801101739j:image

 

地衣類にばかり目がいっていたが、
木自身の肌に触れた。どんな質感をしているのか、柔らかさ、暖かさ、冷たさとか。木肌と水が混ざるような、湿気をまとい、柔らかさを持ち、そこにいてくれる。次はどんなものが、君と僕との間で起こるのか。


シダが真上を向いて、伸びている。
いつも垂れてるイメージだったから、新鮮で、違う一面をみれた気がして、嬉しくなる。

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170801101925j:image


地衣類に目をやるときに、僕はなぜだか呼吸が変わる。ゆっくりと、呼吸をしてしまう。

 

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170801102002j:image

きのこ、こけ、ちい

この木を飾り彩るものに、なぜだか惹かれる。

 

 

もう8月か