ダーリアンダイアリー

わたくしダーリアンの感じたことを、文字や写真、絵などで表現していきます。

拡がり (写真多め)

柳の木を見上げていたら、なぜだか急に笑顔になってしまって、込み上げてくる感情を認識した。愛おしさのようなもの。触らずにはいられなかった。

 ぼくと柳との関係が、また1つ生まれだ日だった。

 

 

 

いろんな葉っぱが顔を出し、それに花がつき、気づいたら実がなっている。
君は、こんな花をつけて、こんな実をならすのか!って、ほんの少し知れた気がして、嬉しくなる。
1日の間に大きくなるものや、全然変化がないもの。
もっと彼らと、時間を共にしていこうと思う。

 f:id:yama_darlian_akihiro47:20170711211403j:image

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170711210725j:image

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170711211843j:image

 

花は綺麗だ。花には、いつの間に咲かせたんだ!とか、まだ咲かないのか!とか、そういうことを思わされる。そして、どんな花でも美しい。

 

だけど、花だけが美しいのではないと思う。なんていうか、その植物の成長と共に形や表情を変えていく様や、その流れとか、露をつけたり夕暮れに染まったりする様、てんとう虫に歩き回られるヨモギの姿の様な、他の生物との関係によって在りようが変わる様など、彼らの生、営み自体が、美しいと思う。

僕にとって、君たちがいることが、美しいことなんだ。

 f:id:yama_darlian_akihiro47:20170711210758j:image

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170711210821j:image

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170711212505j:image

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170711212546j:image

 

 

自分の中の花

四方八方に葉や根を拡げ、四方八方にタネを飛ばす。この拡がりはとても美しいと思う。その拡がりが、僕にとって広義の花だと思っている。地衣類も、そうなのかもしれない。

 f:id:yama_darlian_akihiro47:20170711211548j:image

だから僕の絵は、花のような草木のような、拡がるもの、つまり広義の花、僕だけの花がモチーフになっているのだと思う。

僕は絵を描く行為の中で、拡がりを描きたいんだと思う。

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170711210935j:image

 f:id:yama_darlian_akihiro47:20170711211030j:image

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170711212614j:image 

 

大好きな歌 花~すべての人の心に花を~ が聞きたくなる。

心の中に〜心の中に〜花を咲かそうよ〜♪

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170711210656j:image

 

明るく広く

僕の名前は明広。

明るく広い心をって、両親からもらった名前。これが、生まれてから史上最高のプレゼントだと思っている。

すごく自分の名前が好きだ。

 

恒星が光るように、明るく暖かく、広がっていく氣がして好きだ。 

爆発してるみたいな、花のようだ。

宇宙は真っ暗が広がってきた。

明るく広がっていくものは、なんなのだろう。探していきたいなって、思っている。

明るく広い心も持ちたいし、

明るく広がっていきたい。

明るく広い何かを、僕を、追っていきたいと思う。

明広になりたい。明広でいたい。

僕が思う、明るく広いものを、生きたい。

 

 f:id:yama_darlian_akihiro47:20170711212701j:image 

 

僕は拡がりに興味がある。

広告を非表示にする