読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーリアンダイアリー

わたくしダーリアンの感じたことを、文字や写真、絵などで表現していきます。

刻まれていく出会いと時間

僕はメモをよくとる。

昨日感じたこと、感じたままのメモを、生々しく残しておく。

 

夜、岩手の紫波サービスエリアからヒッチハイクし、有難いことに3台で、昨日名古屋に着いた。

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170429133447j:image

名古屋駅から8キロほど歩き実家に着いた。そんな日のメモ。

 


優しさのシャワーを浴びたような、そんな時間だった。#ヒッチハイク


思った通りにやれ!!とことんやれ!そうやって、背中を押してくれる人に出会える。本当に、ありがたい。

 

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170429133534j:image


愛ちゃんが、素適な人と出逢った。いいね!!あなたの僕に向けていた素適な笑顔が、そこに見られて嬉しく思う。


僕は、燃えているか
僕の命は、燃えているか

燃やしていこう
表現していこう

腹からよじれ蠢(うごめ)かせ、粉々に、強固に、僕で在れ

愛する喜びを、愛を超えて

僕の世界を、僕のものに、僕に狂え。

ああ、僕なんていなくなれ

僕の薄れゆく気持ちとともに、彼女の気持ちも薄れゆく。そんなものさ。

「自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ」

ぼくは守れているだろうか
いや、壊して、作って、穴を開けて、舐めてみて、ぼくの感受性を解き放す 否、解き放っている
よりリアルに、マジな、オレを

もう一度ぼくに投げ掛けよう。
そのまま行け。突っ走れ 嘆け苦しめ愛しまくれ

そんなことを思う、名古屋、伏見間。
(今も不思議な気持ちで、嬉しさや、自分と向き合うことを、余儀なくされる感、そんな不思議な感覚を味わっている)

 


額縁屋の女性と仲良くなった。
仲間とともに夏は会津インスタレーションをしてるらしい。美しい女性だった。

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170429133710j:image

(この絵の額縁を買いに)

 

都会に佇むケヤキの木
僕は白川公園ケヤキの様に生きられないなって思った。思ってしまった。
こんな都会の真ん中を、生きていくこと。
堂々と生きている様に見え、何か尊敬の眼差しで眺めていた。
僕はそれを避けているのか。だから岩手にいるのかもしれない。

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170429133819j:image

 

 

ホームレスのしんどうさん。
あったかいですね!そうやって始まった会話は、とても自然で心地よかった。
今ある生活を、しあわせであると言っていた。
どこかを見つめるその目は、何か美しいものをみているかの様に澄んでいた。
夕陽に染まるケヤキが、とても綺麗だった。

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170429133831j:image

 

しんどうさんは、雨の日はこのベンチで生きているらしい。

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170429133907j:image

 

このベンチの後ろ側には、楽園が広がっていた。表現者が住んでいた。

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170429133920j:image

 f:id:yama_darlian_akihiro47:20170429134009j:image

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170429134017j:image

f:id:yama_darlian_akihiro47:20170429134027j:image 

 


今の僕には、今日のたくさんの出会いが刻まれている。